写真と発見【カメラを始めたきっかけとカメラの楽しさ】

夜景と人の手と玉ボケ 写真・ガジェット

カメラと日常と発見

 

こんにちは。ぐうです!

 

今日は写真、カメラについて。

私のカメラ歴史とカメラに対する考えについて語ります!

(需要なさそうですがカメラ雑記ということで!汗)

 

 

スポンサーリンク

初めて本格的なカメラに触った時

古いフィルム一眼レフカメラ

高校の時、内申点目的(もう時効だからいうね。笑)で一番楽そうな写真部に友達と入部して、幽霊部員として一切のやる気を見せず過ごしていました。(というか名前だけ所属してました。)

 

しかし卒業までに部員は絶対フィルム写真コンクールに写真を出さないといけなくなり、仕方なく父の持っていたフィルム一眼レフを借りて写真を撮りました。オリンパスのカメラでした。

 

適当に家で写真を撮り、暗室で友達と現像しました。

 

暗室の酢酸のすえた匂い、暗さと赤さ、湿度、みるみる浮き上がってくる写真に少しだけ、ほんの少しだけドキドキしました。

 

何枚か写真を現像しましたが、コンクール提出分以外は、赤ちゃんだったいとこの写真を撮って完成品もあげて、終わり。

 

一緒に入った友達ももちろん内申点目的の幽霊部員なのでお互いそれ以来部活にはいかず、私の写真の思い出はおしまい。

 

 

 

 

またカメラに触りたいと思った時

基本的に写真を撮るのは好きだったので、常にスマホやコンデジでたくさん写真を撮っていたのですが、

ある日ふと高校の時1回だけ使ったカメラを思い出し、また一眼レフで写真を撮りたいなって思いました。

でも正直、高校時代は全く使いこなせなかったカメラ。

 

 

そこで自分なりに調べて、初心者でも簡単に撮影できるミラーレスカメラの購入を決心。

レンズが沢山出ているマイクロフォーサーズ規格にしようと決めてすぐに買いに行きました。

まだ給料も今より安く、カメラって高いなーってドキドキしながら買いました。

 

 

 

買ってすぐ試し撮りをしたのですが、昔フィルム一眼で撮った写真のようにボケ感のある写真は撮れず、不満。。

せっかく高いお金出したのにあの時のようなドキドキはない。

すぐに調べて単焦点レンズを追加購入しました。

 

 

 

 

単焦点レンズでまずは一人暮らしの部屋の窓から夜景を撮ってみました。

ただの夜の街並みが大きな玉ボケになって宝石に見えました!

夜景と玉ボケ

 

 

そのころ私は、仕事で知らない場所に転勤、友達も家族もいなくて、仕事もとても激務で精神的にも体力的にもつらくって、ただ寝るだけの一人暮らしの狭い部屋にも不満だらけ。

 

 

毎日本当にしんどかったし、つまんないなーって思ってた時に、

嫌だった街の、嫌だった部屋からの風景がカメラを通すと宝物みたいに見えました。

 

 

夜景の玉ボケ

これはいつも通っている信号の赤信号。つかみ取れそう。

気付いたら夜中夢中でずーっと写真を撮ってて、

すごく楽しいなって思ったんです!一人で、真夜中に。笑

 

それにこの街も、嫌だった部屋から見える景色も綺麗って素直に思いました。

 

この時の自分の部屋での試し撮り写真は今でもとても思い出深いし、

また仕事の転勤で引っ越すまで、この部屋からたくさんの写真を撮りました。

 

青空の見える窓

今でもまたあの部屋から写真が撮りたいなって懐かしく思う時もあります。

 

仕事は大変だったけど、嫌な思い出としてではなくて、いろいろ成長できた人生に必要な時期だったとさえ今は思います。

 

 

 

カメラを通すといつもの風景もまた違って見えてきます。

 

 

 

向日葵と女性

 

 

 

かすみそうと女性

 

それに撮った写真を見返して、思い出とその時の自分の気持ちまで鮮明によみがえります。

 

 

 

光が当たった蝋梅

 

 

最近は本当、物より思い出ってすごく思う。(年。。なの。。か。。?)

 

物ってどうしても壊れたり、なくしたり、好みが変わったりするので。

(あ、嘘、洋服だけは今もめちゃめちゃ無駄買いしてた。笑)

 

でも思い出って色あせないですよね。

 

私は人を撮るのも好き、自分を撮ってもらうのも好き。皆で写真を撮りたい。

ポートレートもいいんだけど、どちらかというと作品というより、

日々の思い出をいーーーっぱい残していきたい。皆で笑っている写真を撮りたいなって思います。

 

 

 

思い出の1枚

フィルムのネガ

この記事のこの写真だけ写真ACさんからお借りしました。

 

最近いとこの家にお邪魔したとき、私が高校時代に適当に撮影して、自分で現像してプレゼントした赤ちゃんだったいとこの大きな白黒写真が部屋に飾ってあるのを見ました。

もう10年以上前にあげた写真。

A4サイズが数枚。結構大きくて邪魔だろうに全部額に入れて飾られててすごく目立ってました。

 

 

今見ると、まったくの初心者がいきなりマニュアルフォーカスで適当に撮影してて、ピントもよく見るとちゃんとあってない。。。THE・初心者写真。

こんなの人にあげてたんだっていう。。(恥)

でもまあまあ味はあるかな!(自分で言っちゃう!笑)

 

それがずっと部屋の目立つところに大きく飾ってあることにびっくりしました。

 

 

あげた時も喜んでくれたとは思うのですが、

この時、「あ、喜んでもらえたんだな」って実感しました。

 

こんなにクオリティーの低い私の写真も人を喜ばせることができるってすごいことだなって。

 

 

 

 

 

終わりに

雨の日の桜とビニール傘

なんか美談みたいに書きましたが、実際の私は向上心低めなのでミラーレスを買った後も勉強もせず、いつも適当に撮りたい時に撮りたいように撮影しています。(そのためストレスフリー!笑)

 

その後、父のフィルム一眼レフが壊れてしまい、自分でフィルム一眼レフを購入しましたが、そちらもまだまだ使いこなせません。

 

なので夜の写真はブレブレ、ミラーレスはオートフォーカスなのにピントがブレるなんてこともしばしば。(え)

 

でもそれでいいと思っているし、その変な写真も大切な思い出だと思います!

 

ぐう
ぐう

いやいや、あえてのソフトフォーカスですから!(嘘)

 

 

とはいいつつ、うまい写真家さんの写真を見て、感動して一瞬やる気を出したり出さなかったりしますが。

 

 

写真はその人それぞれの良さがあるし、何より撮ってる楽しさと自己満足で十分。

たまに人から喜んでもらえたらもう最高です。

 

 

私は多分ゆるーく写真を撮り続けていくし、それで人に喜んでもらえたら幸せだし、同じように写真・カメラに興味のある友達が増えてくれるとより嬉しいです。

 

 

 

つまり何が言いたいかというと、

写真はいつの時代も、どんなカメラでも、どんなレベルだって、素晴らしいのです!

 

ぐう
ぐう

皆も思い出たくさん残しましょ~!

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました